ビタミンCとお肌の関係

お肌を美しく保つためには、ビタミンCが欠かせないということは、広く知られていますね。そのため、化粧品にもよく使われています。

美顔器と一緒に、これらのビタミンC入りの化粧品を使用することで、肌の仕上がり具合にも格段の差が出てきます。

例えば、イオン導入式の美顔器を使用する場合に、ビタミンCの配合された美容液を使用することで、肌の中にビタミンCがぐんぐん浸透し、その結果、高い効果を実感できることでしょう。

安定性の高いビタミンC誘導体

美肌作りには欠かすことのできない成分の1つですが、実は、ビタミンCは、非常に酸化しやすく、壊れやすいというデメリットがあるのです。

しかし、このビタミンCをお肌に浸透しやすい安定した成分にするために、“ビタミンC誘導体”というものが開発されました。

この、誘導体は、ビタミンCと比べ、安定性が高く、また、肌への刺激も少ないため、化粧品としても安心して使うことができます。

ビタミンC誘導体の選び方

いくつかの種類があります。中には、化粧品会社にとってはコスト面でメリットがあるものの、肌への安全性に不安が残るようなものもあるため、選ぶ際には、慎重に選ばなくてはなりません。

水溶性タイプ以外にも、最近では、脂溶性のものも登場し、皮膚への吸収が良いことや、使用感のよさなどでも人気があります。また、このタイプのものは、長時間作用することでも知られています。

また、ビタミンC誘導体は、その濃度によっても、効果に差が出てくるため、自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。