TOP>手をかけすぎ

にきびができる原因A


手をかけすぎ

お肌を清潔に保つことは、にきびを防ぐ上でも大切なことです。

また、できてしまったにきびを悪化させないようにするためにも、これまで以上にお肌を清潔にする必要があります。

しかし、ごしごしと擦り洗いをしたり、何度も洗顔をしたりするなど、過剰に洗顔をすると、本来、お肌を守ってくれているバリア機能を弱め、余計にお肌が荒れる原因を作ってしまうこともあるのです。

また、お肌に合わない成分の洗顔料を使うことでも、にきびができやすくなってしまうこともあります。


Homeニキビの悩み原因と対策TOP