TOP>しみとくすみの違いって?

プチ知識


しみとくすみの違いって?

くすみもしみの一部といえますが、しいていえば、シミは表皮層の一番下に起こるのに対し、クスミは表面に近いところに起こるものというふうに分けることができます。

しみは主に紫外線を受けることが原因。メラニン色素は表皮の一番下、基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られますが、このメラニン色素が紫外線を浴びて増大し、沈着してしまうと茶色から茶褐色の斑点(しみ)となります。

一方くすみには、シミと同じように紫外線の影響によるものもありますが、ほかにも汚れによるもの、血行不良によるもの、乾燥によるもの、毛穴が原因のもの、老化によるもの、タバコが原因のものなどがあります。

紫外線が原因のくすみは、しみと同じように表皮にメラニンを生成することと、紫外線によって肌のハリを保つ組織が破壊されてたるみを引き起こし、肌に凸凹をつくって暗い影をつくってしまうことです。

汚れによるくすみは、化粧を落とさないまま寝てしまったり、クレンジングや洗顔をしっかりしていなかったりすると、肌の表面がごわついたり、かさついたり。

う〜む、心当たりのあることばかり。冷え性だったり運動不足、ストレスなどで血液やリンパの流れが悪くなると、顔色が暗く茶色っぽく見えるようになったり、青黒く見えたり。

そしてもう一つ、年齢とともに気になってくることですが、毛穴が開いて皮脂や化粧汚れなどが溜まってくすみの原因となる場合もあるんです。これも、実感としてよくわかります。


Homeしみの悩み原因と対策TOP